top
マルユウ鈴木園について
今年の茶畑
お茶の上手な入れ方
お茶の保存方法
お茶が出来るまで
商品案内
お茶摘体験
リンク
お問い合わせ
 



冷蔵庫で保存してください。
日の当たらない涼しいところなら数ヶ月は大丈夫です。

冷蔵庫で保存した場合気をつけることは、必ず常温に戻してから開封するということです。
そのまま開封しますと、袋の中に結露が生じて劣化の原因になってしまいます。


温度変化の少ない涼しいところに置いてください。

冷蔵庫での保管は、ひんぱんな出し入れを考えるとあまり勧められませんが、基本的には低温で管理するのが良いので、高温になる場所や温度変化の大きい場所の場合は、手早く取り扱うなど温度変化や吸湿に留意した上でお願いします。
※ 冷蔵庫内の臭いが移ってしまう危険がありますので、十分注意してください。

開封後冷蔵庫で長期間保存する場合は、口をしっかり閉めて、更にビニール袋に入れて密封することをおすすめします。


入れる量にみあった茶筒をお選びください。
茶葉の追加はできるだけ避け、使い切ってから新しいものを入れるようにしてください。

保存方法について気をつけていただきたいのは以上のような事ですが、お客様それぞれでお飲みになるペースや環境が違いますので、これがいいと一概に言いきることはできません。
あまり細かく考えすぎる必要もなく、お客様のスタイルに応じて、おおまかにこのようなことを考えに入れていただければ良いと思います。

どのような事でも気軽にお問い合わせください。


 

 
copyright©2013 maruyu suzukien all rights reserved.